AGA 男性ホルモンと遺伝の関係性

男性型抜け毛症のAGA。

この要因として挙げられるものとして遺伝があります。

これついては、AGAの80%が遺伝から来るものと言われる程、遺伝というのは影響大となっています。

とりわけAGAでも若い人のケースでは、遺伝の要因が大きいそうです。

なぜなら薄毛になりがちなホルモンのバランスが遺伝する故だそうです。

親がAGAで子供に遺伝する確率は、父親が薄毛のケースは5割、母親が薄毛のケースは7割半というデータがあります。

意外にも母親が薄毛の場合のが遺伝する確率が高くなるのですね。

ドイツの抜け毛症に関して研究している団体「ハゲの遺伝子」では、AGAに直結するらしき遺伝子が初めて研究で発見されました。

また、男性ホルモンの影響もAGAの要因と言われていますね。

男性ホルモンのテストステロンは、男性の体毛例えば胸毛や髭等を促進するホルモンですが、髪に関しては成長を抑える作用がある為、抜け毛の要因となるそうです。

よく毛深い男性はハゲ易いと聞きますが、これぞまさに、この男性ホルモンが要因になる訳なのですね。

男性ホルモンは、毛根の毛母細胞で、5αリダクターゼによって、DHTという物質に変化。

このDHTが毛母細胞の分裂を抑え、髪の毛が育たなくなり、結果抜け毛を導いてしまうのです。

ところで、AGAの発毛剤として使用されているフィナルテリドは、この5αリダクターゼを抑える作用がある為、抜け毛予防に効果的なのです。

以上のように、AGAは遺伝やホルモンバランスの影響が大きいものなのですね。

この事を理解した上でAGA治療の対策を進めていきましょう。